矯正歯科

矯正歯科とは

矯正歯科とは

不正咬合をきちんと噛み合う状態、綺麗な歯並びを手に入れるための歯科治療です。「歯並びが悪い」ということは見た目だけの問題ではありません。歯並びが悪いと歯磨きが上手に出来ず、虫歯や歯周病になりやすくなります。
更に歯並びや噛み合わせを治さずにそのままにしておくと、顎がずれて背骨が歪み姿勢が悪くなったり、あごの関節に負担がかかり、顎関節症になりやすくなります。また歯にコンプレックスを抱え、内向きな性格になってしまう恐れもあります。
このような症状を歯並びを整えることによって、心身ともに健康な状態へと改善していきます。

矯正歯科の種類

歯並びや発達段階、または患者様の希望などによって歯並び治療の内容は異なり、様々な矯正装置を使い分けていく必要があります。
ここではそれぞれの矯正装置のメリットとデメリットを紹介致します。

マルチブラケット

セラミックブラケット、ジルコニアブラケット、ホワイトワイヤー

マルチブラケット

代表的な矯正装置で歯の表側に装置を接着し、ワイヤーを通して少しずつ歯を正しい位置に動かしていく矯正法です。
当院ではセラミックやジルコニアで出来た審美的に優れ目立ちにくく、割れにくいブラケットを使用しております。

マルチブラケットの長所

多くの不正咬合の種類に対応することができます。また、他の装置に比べて安価なため、治療費を抑えることができます。

マルチブラケットの短所

歯の表面に装置を取り付ける為、歯が盛り上がってしまい、口が閉じにくくなります。

アライナー

T-アライナー

アライナー

「アライナー」という透明のマウスピース型の矯正装置を使用する矯正法で、一日20時間以上装着し歯を徐々に移動させます。

アライナーの長所

違和感や不快感が少なく、装置自体が透明なため周囲の人からほとんど気づかれません。
歯を磨く時や、フォーマルな席で外すことが可能です。

アライナーの短所

指定された装着時間を守らないと、治療の結果に影響を及ぼすことがあります。

ミニインプラントを使用した矯正

ミニインプラントを使用した矯正

矯正用に作られた小型のインプラントを顎の骨に埋め込み固定元とすることで、効率的に歯を動かす矯正法です。他の矯正治療との併用も可能で、他人からも見ることが出来ず、目立ちません。

ミニインプラントの長所

従来手術でなければ難しかった矯正を、安定して実現できるようになりました。
また、ピンポイントの部分矯正にも対応できます。

ミニインプラントの短所

咬み合わせが安定しない方には不向きである場合があります。また骨の状態によっては治療できない場合があります。

部分矯正(MTM)

部分矯正(MTM)

ピンポイントに移動させたい歯だけを狙って目的に応じた矯正治療を行う治療法です。

部分矯正の長所

全体矯正より治療期間も短く、治療による負担も少ないです。
また歯磨きもしやすい為、治療中にむし歯になる可能性も低いです。

部分矯正の短所

歯並びの不揃いが重度、上下の咬み合わせに問題があるなど対応が不可能な場合もございます。

床矯正

床矯正

ワイヤーなどの矯正器具を使うのではなく、発展途中の子供の顎の骨を拡大させることにより、正常な発育を促進させる矯正治療です。

詳しくはコチラ
お気軽にお問い合せ下さい 0775694880 0775694880 診療時間

※土曜は17:30までの診療となります。
    ※木曜と日曜・祝日は休診です。

page top