一般歯科

一般歯科とは

一般歯科とは

一般歯科とは、虫歯と歯周病の治療を主とした歯科診療のことです。みなさまが、歯科へ受診する際ほとんどの方が虫歯や歯周病等で受診されます。
当院では、みなさまの口内環境を常に正常に保つためのお手伝いをさせて頂いております。虫歯・歯周病にならないように、定期健診をおすすめしています。

歯周病治療

歯周病とは

歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)が原因で最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病治療

若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。
日本は「歯周病大国」と呼ばれており、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。
歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。
そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです。

歯周病の症状チェックシート

  • 歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する
  • 口臭がするようになった
  • 口の中がネバネバする
  • 歯茎(歯肉)が腫れている
  • 歯茎(歯肉)が赤、紫色になった
  • 歯茎などから膿(うみ)が出る
  • 硬いものを噛むと痛い
  • 歯がグラグラする
  • 歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)
  • 歯と歯の間の隙間が大きくなり、物が挟まりやすくなった
  • 歯茎(歯肉)がムズ痒い
  • 糖尿病にかかっている

上記の症状が出たら直ぐにご相談ください。
歯周病は、日頃のケアがとても大切なので症状が出る前に、定期的に受診していただく事をおススメ致します。

無痛治療

無痛治療

歯が痛いけど、治療は「もっと痛いんじゃないかな?」なんて思い、足が遠のいている人いませんか? 麻酔注射が痛かったのは過去のこと。
当院では院長の高い技術力により、痛みを感じることなく麻酔注射を行うことが可能です。
もし、痛いのが苦手で歯医者への足が遠のいている方は、今以上悪くなる前に是非一度当院までお越しください。

最も痛くないのは早期発見、早期治療

定期的に虫歯や歯周病のチェックを行なえば、それほど痛みを感じずに治してしまうことも可能ですのでぜひ、定期健診にお越しください。

咬み合わせ・顎関節症

咬み合わせ・顎関節症

咬み合わせの悪さが起こると、顔の対象性や全身のバランスが崩れ、体調不良へとつながります。その結果、頭痛、肩こり、腰痛、不安、イライラ感、目のかすみ、うつ症状など様々な症状が現れるようになってきます。
咬み合わせのバランスが良くなると、顎の筋肉が正常に動作し、脳が活性化され、身体機能が高まり楽しく生活できるようになります。
まずは、ご相談ください。

顎関節症とは

顎関節症は、下顎の関節頭が頭蓋骨にある関節円盤に不均等にあたることによって、関節全体に負担がかかり、雑音や痛み、口が開かなくなるなどの症状が起こる病気です。

顎関節症チェックシート

  • あごが痛む
    口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、あごを動かした時に痛む。
    あごの動きに関係なく痛む場合は他の病気の可能性が高い。
  • 口が大きく開けられない(開口障害)
    正常な人は縦に指三本分入る(40~50mm)が、
    指が2本程度(30mm)もしくはそれ以下しか入らない。
  • あごを動かすと音がする(関節雑音)
    あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」など音がする。
  • 噛み合わせに違和感がある
    急に噛み合せが変わったように感じる
  • 口を完全に閉じることができない

上記の症状が出たら直ぐにご相談ください。
顎関節症には様々な症状がありますが、ある日急に悪化してしまう前に早めの受診をおススメ致します。

顎関節症治療

顎関節超治療

当院では顎関節の治療を行う際に「アムステルダム式スプリント」を使用しています。
スプリントとは、咬み癖や歯列不正などによって本来の位置からずれてしまった下顎を、元の位置へと戻すために用いられる装置です。

使用方法

  1. スプリントを歯にはめておきます。(支障がない限り、日中も装着することをお勧めしております)
  2. 食事をする時にはスプリントを外し、清掃します。
  3. 治療を始めて1~2週間後、症状の変化を確認する為、来院していただきます。

こちらを数回繰り返します。

お気軽にお問い合せ下さい 0775694880 0775694880 診療時間

※土曜は17:30までの診療となります。
    ※木曜と日曜・祝日は休診です。

page top